https://www.ganchiryo.org/

知り合いが、がんと診断されました。
どんな治療法があるのか、解らないので、その知り合いと一緒に、がん治療設計の窓口さんに相談に行ってきました。
こちらの施設では、セカンドオピニオンと違って、従来の標準治療(放射線治療や外科的手術、抗がん剤投与による治療)のほかに、先端医療を組み合わせて、一人一人のがん患者さんに合わせた、治療方法を提案して、患者さん自身で、治療方法を決めることができるように、手伝ってくれるそうです。

がん治療設計の窓口さんで提案してくれる、治療方法は、標準治療だけではなく、様々な先端医療があります。
例えば、
1 がん粒子線治療
・炭素や水素などの原子イオンを、特殊な加速器で、光速に加速して、癌の病巣に照射する。
・癌を狙い撃ちできるので、正常な組織への影響が少ない。
2 ロボット手術
・手術の支援として開発された、ロボット技術を使用するので、以前では難しかった、角度からの視野の確保や、小さな傷口での手術が可能。
・術中の出血量が少ない、体の回復が早い、身体機能の温存ができる可能性が期待できる。
3 免疫療法
・新しい治療方法として、注目されている。
・体内のリンパ球にある、NK細胞と呼ばれる、攻撃力が高い免疫細胞を利用する。
などがあるそうです。

私の知り合いは、その中から、標準治療と免疫療法の併用を使用と、考えているそうで、
「がん治療設計の窓口さんのおかげで、自分では、解らなかった治療方法を教えてくれたので、がんの完全治癒が出来そうだ。」と話しています。
もし、癌の患者さんで、自分に合った治療方法を、探しているなら、がん治療設計の窓口さんに、相談をしてみたらいかがでしょうか。